「京都の建築設計事務所だから
できることを求めて」

秋山 拓也

AKIYAMA TAKUYA

設計主任 2017年入社

image image

自分の知った土地で建物を建てたい

–東洋設計事務所を選んだ理由–
新卒で全国規模のハウスメーカーに入社、配属された最初の勤務地は私にとって縁もゆかりもない地域でした。2年ほど働くうちに、あらためて「自分の知った土地で建物を建てたい」という想いを強く感じるようになりました。また、前職の経験を経たことで、戸建て住宅だけでなくさらに大きな建物にもチャレンジしてみたいと思うようにもなったこと、大学時代には福祉施設や病院の設計にも興味を持っていたこともあり、様々な用途の建築設計ができる東洋設計事務所への転職を決めました。

自分の判断が仕事の出来に直結する

–入社後から現在の業務の変化について–
東洋設計事務所に入社してすぐは、覚える業務が多く、目の前のことでいっぱいいっぱいだったことを覚えています。今では自分の判断がプロジェクトの出来に直結するようになり、当時と比べるとさらなる責任を感じています。社内では、役職がついたことで直属の部下を持つようになり、教えられる立場から教える立場への変化も感じます。現場においても、主担当として直接質疑応答を重ねることが増え、次第に現場の皆さんからも認めてもらえるようになってきました。

地図に残る仕事をしている

–やりがいを感じる瞬間について–
入社してから今までで竣工した建物は10件ほどになります。休日にそれらの建物をふと見たときに、ホテルなら建物にお客さんが入っていく様子、マンションならバルコニーに人がいる様子などが見えたときにやりがいを感じます。創った建物が実際に使用されている様子を見るたびに、「地図に残る仕事をしているんだ」という喜びを感じます。「人の多くは人生の9割を建物の中で過ごす」ということを聞いたことがあるのですが、その一部に貢献できたということをすごく実感します。建物の横を友人と車で通る際に、「これは自分が設計した」と自慢できるのも嬉しいですね。
image

これまで以上に建築の勉強を

–教える立場となって心がけていることついて–
一つ教えるにしても、その根拠までわかっていないときちんと説明できないため、これまで以上に建築の勉強をしています。いつまでも同じ働き方のままではなく、後輩のメンバーにとっても良いお手本となれるようにと心がけるようになりました。

クライアント様や運営者様の想いを最大限カタチにするために

–苦労したことや嬉しかったことについて–
あるホテルのプロジェクトで、一室一室をそれぞれアーティストとともに創り上げていったことがあったのですが、各アーティストの打ち出すコンセプトを一つひとつの客室としてまとめ上げ、建築設計事務所として実現させるのには非常に苦労しました。行政、消防、保健所、検査機関、構造担当者、設備担当者など各所へヒアリングを行い、クライアント様や運営者様のやりたいことを最大限カタチにするために走り回ったことを思い出します。それだけに完成した時の喜びも大きく、その後はプライベートでも泊まりに行くなど、とても思い入れのあるプロジェクトとなりました。

もっともっと現場を

–これから目指したいこと–
設計者は、現場を知ってこそ設計ができると私は考えています。よりよいデザインを実現するために、もっともっと現場を深く知っていきたいと思います。そしてゆくゆくは、先輩のようにクライアント様から設計担当者として指名してもらえる、そんな設計者となりたいです。
また、部下となるメンバーについても、より早くひとりで全てを担ってもらえるように、積極的に指導機会を設けるなどコミュニケーションを取りながら、互いに成長できればと思います。
image
image