「若手でも自らが中心となって
進められる」

練尾 早紀

NERIO SAKI

設計 2019年入社

image image

大きな建物ってカッコいい…!

–設計事務所を志した理由–
高校生の頃から建築を勉強し始めて、最初は住宅や店舗の設計を中心に勉強していました。しかし、高校の卒業制作でこれまでにない規模の大きな建物に取り組んだ際、大きなやりがいと楽しさ、ワクワク感を感じ、大学では商業施設やオフィスビルなどの大きな建物について勉強することにしました。「大きな建物ってカッコいい…!」はじめはそんな入口からでしたが、その迫力やランドマークとなりうる可能性などに惹かれ、そういったものを自分で生み出してみたいと思い、大きな建物でも設計できる設計事務所を志すようになりました。

建物全体を自らが中心となって設計したい

–東洋設計事務所を選んだ理由–
学生時代、1つの作品を1人で創るという形で設計課題に取り組む中で、「建物全体を自らが中心となって設計したい」という想いを持つようになりました。そのため、1つの建物を多くの担当者で分けて部分的に設計するのではなく、1つの建物全体を責任もって担当できる、そんな設計事務所を希望していました。
そうして見つけたのが、東洋設計事務所でした。業界説明会などの採用イベントに参加するなどして就職活動を進めるうちに、東洋設計事務所なら設計担当者として1つの建物全体を任せてもらえて、その前提の中で事務所メンバーと協力し合えるという、個人と組織の良いとこ取りの環境だと知り、この事務所を選びました。

第一線でクライアント様とお打ち合わせする立場へ

–入社後から今までの仕事内容の変化について–
入社してすぐは先輩方のお手伝いとして部分的なデザインや設計をしていましたが、半年もすれば案件全体を任せてもらえるようになりました。最初に任されたのは賃貸マンションで、メンバーの皆さんにもサポートいただきつつ、完成させることができました。竣工時には嬉しいというよりも不思議な感覚だったのを覚えています。それでもやはり嬉しくて、その後プライベートで何度か見に行きました。

現在は、クライアント様とどのような建物を作っていきたいかの打ち合わせから、デザインやプランを構想し設計、各種申請や検査業務、現場とディティールを詰める打ち合わせ、設計図書通りに現場で施工されているかの確認というプロジェクトの流れ一通りに設計担当者として参画しています。
入社3年目となり、様々な規模や用途への対応ももちろんですが、最近は今まで以上に責任ある立場での業務が増えてきています。第一線に立ってクライアント様とお打ち合わせをすることも増えました。目の前の設計業務だけでなく、プロジェクト全体を期日内で無事に完了するにはどうすべきかという意識は入社してすぐと比較すると強くなったように思います。経験を積んで全体が分かるようになってきた分、事前に様々な想定をして準備を進められるように、より一層心がけています。
image

自分のデザインを直接評価してもらえる

–業務の楽しさややりがいについて–
自ら考えたデザインを自らでクライアント様へ提案し、気に入ってもらえたときはやはりとても嬉しく思います。以前、クライアント様からさらなるデザイン提案をリクエストされた際、結果的に予算を上回るデザイン提案となったことがありました。しかし、それでもクライアント様はその新たに提案した方のデザインを選んでくださいました。予算という制約がありつつも、私のデザインを評価していただいたということはとても嬉しい出来事でした。もちろん業務全体として、申請の期日管理やプレッシャーなどの大変な部分もありましたが、やはり大きなやりがいの一つになっています。

様々な用途や規模の建物にどんどん挑戦したい

–これから目指したいこと–
ホテルやマンションの案件に携わることが多かったですが、福祉施設やその他様々な用途や規模の建物にも挑戦していきたいです。社内の雰囲気として、若手であってもそういった機会は与えてもらえるので、どんどん新しいものにチャレンジしていきたいと思っています。
image
image